転職 面接

面接で最初に聞かれること

転職,面接

 

1、自己紹介
 面接の基本中の基本ですよね。
 あなたのパーソナリティを判断する一番の材料になります。
 例えば、見た目なども含めての第一印象。
 そして、自己完結に話ができるか、等をみています。
 長々と話をせずに、1分程度でまとめられるように説明文を考えましょう。

 

転職,面接

 

2、過去の職歴
 転職=既存社員(プロパー)+キャリア3年が相場です。
 今持っているスキルがこれからどう活かせるかを判断する内容になります。
 過去の自分がやってきた経験と、これから活かせるであろう部分を
 簡潔に説明しましょう。
 面接官は、即戦力の社員をまっています。

 

転職,面接

 

3、前職の退職理由
 退職といえば、様々な理由がありますが、本音の部分と建前の部分を
 使い分けて説明しましょう。

 

 本音パターン(本当に思っていて自分のスキルに合っている場合)
  ・本当にステップアップしたい
  ・大きな仕事をこなしたい
  ・環境を変えて、自分のポテンシャルを活かしたい

 

 建前パターン(本当の理由とは異なるが万人受けを求める場合)
  ・体調不良により、会社との協議で休職扱いになったが、迷惑をかけたくなく
   いったん退職へ
  ・長期の休暇で資格/免許が取りたかったが、長引いたため退職へ
  ・家族の都合

 

 ケースバイケースでプレゼンしましょう。

 

転職,面接

 

4、当社への志望動機
 何万という会社の中で、なぜ当社に?との質問はよくあることです。
 検索して一番上にあったとか、たまたま勧められたとかでは、
 あまり心象はよくないですよね。
 やはり、自分を見つめなおして、どうして受けたのかを細かい理由も含めで
 わかりやすく説明しましょう。

 

 一番は、自分の過去の経験をもとに・・・というのが多いですが、
 それ以外にも、自分に合っているであろう理由を説明したほうがいいですね。

面接で一番大切なこと

転職で一番必要なことは、面接に受かること・・・ではありません。
※もちろん受からないとそこから先もないのですが。。。

 

転職,面接

 

受かった後で、どのように会社に貢献できるかを考えて行動することです。

 

もちろんそのためには、自分のキャリアプランを考えなければいけません。

 

転職する人の大半は、一度前職を自分の意志で辞めた方も多いはずです。

 

それなのであれば、自分はこの先どうなりたいのか?を
考えていかないといけません。

 

自分がどうなるのか、具体的には営業職を挙げてみましょう。

 

多くの人は、年齢を重ねることで、
給料もそれなりに増やしていきたいと思っているはずです。

 

給料を上げるには、会社への利益を与える必要があります。

 

そのため、営業職の将来を考えると、
スペシャリストか管理職かどちらかになると思います。

 

転職,面接

 

スペシャリスト>
 自分自身が売り上げを上げて会社に利益をもたらせる

 

管理職>
 スペシャリストを育て、マネージメントすることで、収益構造を構築する

 

そこまで考えることを伝えることも必要だと思います。

 

では、このサイトを見ているあなたは、将来どうなりたいと思っていますか?

 

漠然な質問なので、今すぐ答えはだせないでしょう。

 

しかしながら、会社というのは、そこまで考えている人と考えていない人を比べ、
採用するか否かを判断しています。

 

転職,面接

 

だからこそ、面接に一番必要なことは、自分のキャリアプランを説明できることだと
思っています。

仕事と子育てを両立させるために必要なこと

子育てをしながら仕事をするお母さんが増えています。

 

ですが、どちらも満足のいく水準までやろうとすると難しく、苦労している人も多いようです。

 

子育ても、仕事も忙しすぎて、ストレスを溜めたり、疲労困憊してしまうような人もいます。

 

仕事と子育てのどちらも達成するために必要なことは、家族や職場の理解と協力を得ることです。

 

仕事では子供が具合悪くなったときに早退したり欠勤したり、職場に迷惑を掛けてしまうことは多々あります。

 

できる限りは子育てに協力してくれて、突発的な休みを申請しても、フォローに回ってくれるような人もいます。

 

最初のうちは大変だねと思っている職場の同僚も、そのような態度では誰でも嫌気がさしてきてしまいます。

 

職場の人たちが理解をしてくれるからこそ子育てができているという自覚を持ち、感謝の気持ちで接しましょう。

 

と回りの人が手助けをしてくれることに感謝するよう心がけましょう。

 

子育て中は、思い描いた状態にはならないことが多いので、思い描いていた状態にならないことも少なくありません。

 

上手くいかないいかないことの方が当たり前だと思うくらいの気持ちでいる方が楽です。

 

子育てと、仕事とをうまくやっていくには、忙しい中でも精神の並行を保つようにしましょう。

 

 

 

子育て中のママの仕事との両立について

仕事と、子育てを両立させたい時に、意気込みすぎてもよくありません。

 

しっかりしなければならないと、あまりにも気負っていては、長続きしません。

 

子育てを実践する時に大事なことは、適度に手を抜くことでもあります。

 

子育てと仕事の両立ができなくて、仕事をやめようかどうかと悩んでいる人も多いことでしょう。

 

今、仕事をやめると、昔からの夢を諦めざるをえなくなったり、家計が苦しくなるなどの方がいます。

 

自分の持てるエネルギーを全力でつぎ込んでも、仕事と、子育てが、十分にできるとは限りません。

 

独力では、到底成し遂げられないと感じることも、多くなってくるでしょう。

 

どちらも限度一杯にしていたのでは、何か起きたときに対応できなくて、ストレスになります。

 

できる範囲のことをして、できない部分があってもやむをえないと思い切ることも重要です。

 

家事だけでも掃除、買い物、洗濯、食事の準備など、いくらでもやらなければならない事はあります。

 

しなければならないことを、十分にできないことがイライラのもとになって、精神の均衡を崩してしまうことも少なくありません。

 

何もかもを自分でしようと思うのではなく、時には回りの人に助けを求めて、仕事や子育てをしていきましょう。

 

 

 

仕事や家事のことで思い詰めるのは子育てには逆効果

ゆとりのある心で仕事と子育ての自分なりの両立をはかるようにしましょう。

 

仕事を続けながら、子育てもすることは困難なこともたくさんあって、行き詰まっている人も大勢います。

 

子育ても、仕事も、しっかりとやり遂げたいという考えがある人ほど、精神的に追い込まれがちです。

 

子供を保育園に預けても、熱を出したり風邪を引いたりして、急な早退は何度もあるものです。

 

頻繁にそういったことが起きると、子育てをしながら仕事を続けることが難しいと感じるようにもなるものです。

 

どちらもしっかりやろうと思いながらも、両方ともに手に余る状況になってしまって、対応ができなくなることもあります。

 

自分ではどうしようもないことなので、あれこれを思い悩むのではなく、仕方が無いとあきらめることも大切です。

 

子育てをしながら仕事もしようとすると、当然ながら、できないことも多くあります。

 

両立は難しいと思っている人は大勢いますが、できないことでも一つずつできるようになって、問題がなくなることもあります。

 

経験することで、少しずつ家事や子育てを要領よくできるようになり、何より子供も必ず大きくなっていきます。

 

いろいろ思い悩んでいたことがあっても、時間の経過と共に、懐かしいエピソードになっていきます。

 

問題を抱え込んでいる時はつらい気持ちになることもありますが、子育てと、仕事を両立していく上では、必要なことでもあるのです。

 

 

 

30代の人が転職をする時には

30代になってからの転職は、職歴を活かした職探しが重要になります。

 

30代になったからといって、若いころのように転職はできないとは言い切れません。

 

今すぐに、第一線で活躍してもらうための人材を雇用したいという企業なら、30代の働き盛りを、率先して採用するでしょう。

 

人生の中でも30代は、一番仕事のできる時期でもあるので、30代というご自身の年齢を気にされる必要はありません。

 

転職を考えている人は、今までの経歴を確認し直すことが重要になります。

 

どんな仕事につきたいか考えて、その仕事に対してメリットになる経歴を思い返していきます。

 

これまでの仕事を、今後にどうつなげていきたいか、どういった仕事に取り組みたいと思っているのかを、一つ一つ見直していきます。

 

過去の自分の実績を顧みることで、どんな能力があり、得意なことは何かが自覚できるようになります。

 

自分の職歴や、経験をまとめることで、採用面接を受ける時でも、会社に対してどういった貢献ができる人材かをアピールすることが可能になります。

 

やりたい仕事と、やれる仕事が異なることも良くありますが、30代の転職となると新卒の時と比べて、選択肢が広くないもの事実です。

 

自分の能力ややる気を活かした転職先があることが望ましいですが、思い通りにはいかないこともあります。

 

30代になってから転職活動をする場合は、自分のどこを売り込んで仕事探しをするのかを、よく考えて転職プランを考えましょう。

 

 

 

30代になって転職する時に必要なこと

どういった点に配慮して、30代からの転職活動をすると納得のいく結果が得られるでしょう。

 

30代になって転職を考える人は少なくありません。

 

実際に社会に出て働いてみたら、思い描いていたものと違っており、仕事を変えたいという方もいます。

 

何も知らない学生の時に決めた判断ではなく、ある程度社会で働くようになってから決めた判断で、今後を生きたいという人もいます。

 

若いころに得た経験に基づき、異なる業種で仕事をしたいと転職活動をスタートする人もいるようです。

 

転職をするなら30代が向いており、今後の自分の働き方を決める上では、ターニングポイントになります。

 

30代ならまだ新しいことを始めるには十分な年代ですし、社会人としての知識もあり、可能性は開けています。

 

転職する好機である反面、現実に目を向けると厳しい一面があるのも否めません。

 

採用直後から、会社を支える存在になってくれることを期待して、企業は30代の求人を出します。

 

もしも、30代で転職をするなら、企業にとって有用な存在にいち早くなれることを、意識する必要があるでしょう。

 

企業の採用担当者へ、自分の存在価値を知らしめることができれば、採用もされやすくなります。

 

もしも30代になって転職活動をするつもりなら、新卒者の就職活動と違って、自分の売りを明確にするようにしましょう。

 

 

 

30代での転職に失敗しない為に気をつけたい事

30代での転職を考えると、決して遅くはないけれども、焦りの気持ちがあるのも事実です。

 

転職をしたいけれど、年齢が気になるという人は、まず資格の取得を目指してはどうでしょう。

 

転職を成功させたいと思っているなら、資格をとっておくことは悪いことではありません。

 

事前に十分に検討をして、なりたい職業と、そのために役立つ仕事をピックアップしましょう。

 

まずは、どんな仕事につきたいかを明確にして、それから必要な資格を調べ、資格をとるための日程をつくるといいでしょう。

 

苦労して資格をとるならば、転職活動を確実にサポートしてくれそうな資格をじっくり吟味することが第一です。

 

たとえば不動産や住宅業界に興味がある人は、宅地建物取引主任者の資格があれば随分と優遇されるでしょう。

 

少しばかりの勉強でとれる資格ではないですが、とりづらい資格をあえて取ることで、転職活動に弾みをつけることができます。

 

医療系の商品を販売する仕事につく人が取っておくといい資格に、登録販売者という資格があります。

 

転職時期が30代になってからでも、男性でも、女性でも、有用な資格であるといえるでしょう。

 

最近特に注目度の高い資格ですので、転職を視野にいれている人には、おすすめしたい資格の一つといえます。

 

自分を会社に売り込む時に、セールスポイントになる部分を多くしておくためにも、資格をとっておくことは大事です。

 

 

 

就職活動では求人情報の確認が大切

転職活動を成功させるために心がけるべきことは、求人情報をよく吟味することです。

 

入りたい会社がいくつもあるという人は、まず優先する順番を決めて取り組むといいでしょう。

 

求人情報に目を通しながら、自分がやりたい仕事は何かを明確にしていきます。

 

条件のいい求人や、大企業の求人は、大勢の人が希望するので、締め切りが早め早めになりがちです。

 

求人情報を確認してみて、自分に合うなと思ったら先ずは、先方に面接のアポイントを取りましょう。

 

一度に一社ずつという決まりはありませんので、可能なら、複数の面接予約を並行してとります。

 

面接に行き、企業の内部を見学することができれば、どんな会社なのかを知ることができます。

 

求人情報に書かれている内容が正確かどうかは、確認したほうがいいこともあります。

 

企業によっては、求人情報に書かれていることと、実際に働いて感じたことが異なっていることがあります。

 

企業にとっては、面接の場で応募者を吟味していますが、応募者の立場としても、会社を吟味したいものです。

 

面接時に求人情報と異なる部分があり、おかしいなと感じた時には安易に労働契約を交わさずに労働基準監督署に相談することをお勧めします。

 

採用されればその会社の一員として働くことになるのですから、面接を受ける前に求人情報をよく吟味することは必要なことです。

求人情報の種類と探し方について

仕事探しの方法を具体的に知らないという人は、まず、求人情報をどのように読み解けばいいのかを理解することです。

 

今まで就職活動をしたことがないという人は、どんな方法で仕事が探せるのかわからないということがあります。

 

色々な公開手段で求人情報が出回っていますので、まず、どこで公開されている求人を見るかを決めましょう。

 

どんなやり方で求人が公開されるのかを把握することが、仕事選びの第一歩です。

 

家から出ずに求人情報をチェックしたいという人にお勧めの方法はネットの活用であり、最近は多くの人がネットを利用しています。

 

携帯電話やパソコンでネットが見れる人であれば、手早く便利に求人情報を探すことができます。

 

どんな仕事につきたいかを条件として入力して、住所、職種、給与などで検索をかけると条件に合う求人情報が抽出されます。

 

たた就職活動をするのではなく、就職先を考える時のアドバイス等が欲しい人は、ハローワークを使うのもいいでしょう。

 

地域の求人を知りたいという人はハローワークが便利ですが、日本国内の求人情報ともリンクがされているので重宝します。

 

就職や転職に悩んでいる人には、ハローワークの相談窓口で悩みを打ち上げるのもいい方法です。

 

正社員ではなく、派遣社員として働きたいと思うなら、派遣会社に登録をするという手段もあります。

 

各派遣会社の求人情報は、その会社のサイトからも確認できますが、足を運んで必要となる登録作業を済ませると、その場で自分に合った派遣の求人情報を紹介してもらえることもあります。